鳴かず飛ばずのお芝居ができるまでその①

はい、日記がもの凄い勢いで更新されております。
世間での波に大分乗り遅れてのブログブームな鳴かず飛ばず、
このまま公演までちょいちょい更新していきますので、是非HPに遊びに来たり、じゃんじゃん掲示板に書き込んだり、うっかり入団希望のメールなんか送っちゃってくださいね。

どうも、本家本元原田です。長男です。



2ヶ月連続公演に向けて走り出している鳴かず飛ばずですが、
HPの日記のほうでは、芝居の裏側を、お芝居が出来上がる過程を、団員達がやつれていく様子を、余すことなく晒していこうと思うちょります。

というわけで、第一弾は、制作

劇団の政策、いや制作(ちくしょう、せいさくで変換すると制作が一発ででてこねえ)とは、
主に、チケット、チラシ(フライヤーっていいます)ポスター等の作成、販売(十字屋とかにおいてもらったりね)、メディアへの宣伝活動(TVや雑誌で取り上げてもらう為の営業ですね)
その他、広報活動や、本番が近づくと、受付の用意やパンフレットの作成、本番当日の劇場を開場させる為の準備、などなど、まさに劇団の活動を支え、世の中に宣伝していく、裏方のプロフェッショナル、
スピーディーな仕事と、正確さ、社交性にアピール力、デザイン力など、いろんな力が要求されます。
就職活動中の君!制作を経験すると、社会で役立つこと間違いなし!な仕事です。

そんなこんなで、実際に公演を打つ際に、一番早く動き出すのがこの制作チームなわけで・・・


4月19日、ロータリー公演が終わった次の日、
さっそく、次回公演に向けての制作の集まりがあったのであった。


4月19日午後 制作会議
「ジョイフルでの話し合い編~悩めるという贅沢」


長くなったのでまた明日!!

んじゃ。